人気ブログランキング |

<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ご冥福を

e0153994_16131850.jpg

 本日は、久しぶりに、千葉初代彫光師匠のお墓参りに行きました。

 初代も、ご贔屓でいらして、過去にはご一緒にお訪ねしたりいたしました、日本画の、小妻要先生が永眠されました。

 生前は大変お世話になりまして、言葉になりません。

 ご冥福をお祈りいたします。
by hazukiya | 2011-09-27 20:20 | 瓦版

英字

e0153994_2127675.jpg
 打ち合わせの上、デザインを作らせていただきました。

 そのうち、落ち着いた感じも見せていただけたら幸いです。お疲れ様でした!
by hazukiya | 2011-09-24 21:24 |  黒

刺青小路話 その7 日本で刺青が嫌われる理由(1)明治の悪政

 長らくご無沙汰の小路話、歴史の話などなど、再開です。


 初回にも少し触れましたが、どうも、日本では、刺青は未だに印象が悪いもので、今一度、なぜなのか、考証してみます。


e0153994_18554298.jpg 前回までで記しました通り、現在、所謂、日本の刺青、彫物(ほりもの)、と呼ばれる形式は、江戸時代に発展した文化であり、江戸っ子が侍の権力支配に対抗する手段として、俺達だって、気合が入ってんだ、と、意地を見せたものでありますから、天晴れ!と、褒められこそすれ、忌み嫌われたり、疎んじられたりする筋合いではございません。

 江戸時代には、刺青師はその技を競い合い、現在の欧米における大会やコンテストのように、作品のお披露目などもあったようですし、駕籠でも飛脚でも、より美しく豪快な刺青(彫物)を持つ者に、粋な江戸っ子は、仕事を依頼したということです。

 欧米でも、タトゥーは、痛みに耐えることの出来る「強い人」として、敬意を払われこそすれ、特別の「恐い人」ではありません。彫るか彫らないか、は個人の意思で決めるものですから、興味の無い人は、特別に注目したり、気にしたりしません。当然でしょう。

 が、日本の歴史には、刑罰の入れ墨という心象の悪い政治規則があったりしましたし、江戸末期には、海外にまで有名になっていた日本の伝統刺青でしたが、なんと、明治政府はこれを、対外的印象の悪い、野蛮な行為として、禁止しました。~明治に入っても、さらし首なんぞは、道端に放ったらかしていたらしいですが、まあ、そんなことはお構い無しで。

 しかし、英国王室から刺青を求められれば、ご法度として禁止して、犯罪者の烙印を押したハズの刺青師を捕まえて、仕事をさせたらしいですから、明治政府も、日和見のご都合主義だったようです。

 そして、明治以降、日本の刺青は息を潜め、闇へと追いやられました。刺青師は逃げ回り、逮捕されては、その都度、図柄を没収され、医学的知識なども増すことは叶わないまま、逮捕を恐れない無頼漢だけが、楽しむ事の出来るご禁制の品、のようになってしまいました。
by hazukiya | 2011-09-23 19:04 | 刺青小路話

和彫経過―五頭龍

e0153994_19395711.jpg

e0153994_19402132.jpg 手彫り。変形額で五分になる予定です。

 少しの間、保留になっていましたので、続きが出来、嬉しいです。
by hazukiya | 2011-09-22 19:42 | 仕事の過程

蜘蛛 梵字 英字

 今週の、黒作品より。

e0153994_18205397.jpg
 蜘蛛。タランチュラデザインです。

 次回もお待ちしております。


e0153994_18213484.jpg 梵字は、実寸は小さめに、シンプルにしました。

e0153994_18214638.jpg 久しぶりにいらしていただきました。

 お元気そうで何より、また、機会ありましたら、どうぞお立ち寄りくださいませ!お疲れ様でした。
by hazukiya | 2011-09-20 18:26 |  黒

牡丹 不動明王 虎

 途中経過含め、和図柄作品です。

e0153994_22273827.jpg 牡丹。もう少し黒ボカシの後、色も入ります。


e0153994_2228369.jpg
 着物模様筋彫りが、次回で終了予定です。


e0153994_22282616.jpg


e0153994_22283725.jpg

e0153994_22284781.jpg 虎。黒ボカシで仕上げ。また、落ち着いた感じを、撮影させていただけたら幸いです。

 コーヒーを、いただきました。ご馳走様でした!
by hazukiya | 2011-09-16 22:33 |  和

空海と密教美術展

 昨日は、やっと行って参りました、上野。
 
 ~デジカメを忘れたので、日記用お散歩写真がちゃんと撮影出来ませんで残念。

e0153994_18554622.jpg

 今回は、9月だというのに、またしても続く猛烈な暑さの中、予想以上の混雑で、げっそりヘトヘトになりました。が。懐かしの世田谷美術館、東寺展、で以前にも拝謁させていただきました、仏様にもまたお会いできましたし、閉館直前には、館内少し空きましたので、美しい仏具なども間近で拝ませていただき、大変光栄でございました。

 友人に再会も出来、また、御札展のカタログを仏蘭西土産でいただきました。大変嬉しかったです!!ありがとうです~!!大変、興味深いですー御札。千社札や貼札、お守り札。札もいろいろですが、お守り札は、呪術的要素が強く、独特の魅力がありますです。


e0153994_18503071.jpg

e0153994_18504345.jpg そして、シッカリ、呑んで、たらふく食べて帰って参りました。お店は音音に寄らせていただきました。お料理、美味しかったです!!


 久しぶりの作品アップロードは、明日です!
by hazukiya | 2011-09-15 18:59 | 雑記

あれこれ・いろいろ

 あれこれ、やることはいっぱいありまして、慌しく過ごして居るのですが、昨日は、お客様にお立ち寄りいただき、差し入れもいただいてしまいました!

 ありがとうございます!!!~刺青、落ち着いた感じを見せていただこうと思ったのに、ウッカリ無駄話ばっかしてしまい!また、懲りずにいらしてくださいませ。。。
e0153994_16243361.jpg


 ブログもなかなか更新出来ないのですが、今月は、しばらくご無沙汰の、刺青小路話、を、また再開しようと目論んで居ります。~ゆっくりですが、やってこーと思います~。
by hazukiya | 2011-09-08 16:26 | 仕事場のこと

映画鑑賞―日本映画 米映画

 いろいろと忙しく過ごしておりまして、仕事作品などの更新がしばらく出来ませんので、ちょっとお茶を濁しまして、余話でございます。


 本日は2作、映画鑑賞の日記です。なかなか機会がありません映画館での映画鑑賞、ですが、今年は、何度も機会ありまして、嬉しい限りです。

 しかし~どうせならもっと早く言えよって感じです、もう、ロードショー終わっちゃったかも知れんのですけど、遅ればせながら、でもどうせですんで、記録でござんす。


e0153994_2222079.jpg 日本映画は、“ピース”。人生と平和、介護と猫、のお話です。ドキュメンタリーです。

 淡々と、岡山の、柏木家のおじさまの生活とお仕事なのですけれど、決して、衝撃的でもなく、一見して地味な時間が延々と流れるのですが、映画は、すごく短く感じました。ほぼお金が稼げない仕事を、「それでも、得るものがあるのです。」と、毎日毎日、一生懸命に過ごすご家族のお話です。私は、すっかりと和んでしまいました。

 何のために、生きるべきか、今年は、本当に考えさせられます。

 前足の曲がったハート印のお猫ちゃんもカワイイ!


e0153994_2223328.jpg
 米映画は、 “ツリー オブ ライフ
 ショーン・ペンが贔屓ですんで、見てみました。

 ストーリーはほぼ無し。印象的な映像が長時間流れて、美しかったですが、よく居眠りしなかったなー、なんて。。。

 監督さんの、テレンス・マリックさんは、“シン レッド ライン”なども手がけていらしたようで、“シン レッド ライン”が<地獄>だとすれば、“ツリー オブ ライフ”は、<神との対話>という感じでしょうか。「世俗に生きるか、神に委ねるか。」という言葉で始まります。

 
 どちらの映画も、興味深く、考えるところが多い映画です。機会あれば、どうぞご覧になってくださいませ。
by hazukiya | 2011-09-01 22:07 | 雑記


ハヅキヤハリニッキ


by hazukiya

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タトゥースタジオ 針突屋®

神奈川県
相模原市緑区牧野
※JR藤野駅からバス20分

042-684-9625

完全予約制

http://www.
hazukiya.jp

※当サイトの一切の無断使用、コピーを厳禁致します。

カテゴリ

仕事場のこと
仕事の過程
 和
 洋
 黒
 花 蝶
 下絵など
雑記
瓦版
刺青小路話

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

フォロー中のブログ

-MONSTER SKIN-
TATTOOと映画の日々
彩躯術三十六房/Cham...
奈良刺青 SCORPIO...

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アーティスト

画像一覧